投資という言葉に対する英語圏での意味合い

投資という言葉は、もちろんFXに大きく関係しているものです。そして英語圏では、投資という言葉はいろいろな意味合いがあるのだそうです。

投資についてまず我々にとって一番ぴんと来ると思われる意味合いは、購入です。何かの商品を購入するというのは、やはりFXとは大きな関係があると思います。
例えば米ドルの買い注文をするというのは、もう明らかに購入です。それに限らず、そもそも何か商品を購入する時は少なからず投資の概念が関係しているものですが。

例えば何かの食べ物を買うとします。購入するという行動は、それによって美味しいと感じる気持ちの期待感に対して投資をしているとも言えますね。この投資という言葉は他にも意味合いがあり、たとえば取引です。まあ取引は、我々がもう普段FXで日常的に行っている行動です。そもそも取引をしない事には、FXという商品が成り立たないからです。
このように投資という言葉には、2つの意味合いがあるのだそうです。

ところが実は投資には意外な意味合いもあります。
英語圏では、投資という言葉は借金として使われる事もあるのだそうです。
借金を投資と考えるのはちょっと意外な感じもしますね。ただ何か事業を始める場合などは、その資金繰りの目的で借金をする事はあります。実際その事業用のローンなども、この世には存在するからです。そういう意味では借金というものは投資という含みもあります。

ただ、ローンを組む時に毎回投資を目的にしている訳でもないですね。そういう意味ではちょっと英語圏の方々らしい独特の発想とも思うのですが。
いずれにせよFXは、投資の一つです。そして英語圏では、投資とは上記で申し上げた「購入」と「取引」と「借金」というわけです。まあ個人的にはFXのために借金をするのは止めておいた方が良いと思いますが。

さて英語圏では投資という言葉に対して、または別の意味合いがあります。
それは支出だそうです。
ちょっと意外な感じがしますね。我々が通常支出という言葉を使う時は、家計簿か何かをつけて毎月の出費に対して用いる事が多いです。

一番身近な例で言うと、今日の私は紅茶を購入しています。その紅茶一つでも、支出の1つです。
この紅茶を購入した行動による支出の事を、英語圏では投資と呼ぶのだそうです。
それはある意味、先ほど申し上げた話と重複するかなと思います。我々が何か食品を買う時は、先ほど申し上げたように美味しいという期待感に対して投資をするからです。
FXで戦う
ところでFXは投資商品の一つですが、果たしてそれは支出と言えるのでしょうか。まあ支出と言ってしまえば支出ではあると思います。というのも我々が外貨に対して投資をするというのは、ある意味「その外貨の購入に伴う出費が発生した」という解釈もできるからです。

まあ外貨を買うという行動は、私の紅茶を買うという行動とは少し意味合いが違いますね。ただ私はこの投資という言葉から、英語圏の人々の文化を感じます。
というのも英語圏や欧州圏の人々などは、我々日本人以上に投資は身近なものなのだそうです。という事は、欧州圏の人々にとっては紅茶と同じぐらいに外貨を買ったり売ったりする行動は身近なのかもしれません。

我々がFXで戦う相手の一部は、その海外の欧州勢などです。紅茶と同じぐらいの感覚で投資をしている人々が相手なのです。そう考えるとFXというのは、取引をする相手は非常に手強いとも思いますね。
何はともあれこの「投資」という言葉には、支出という意味合いがあるのも一応覚えておいた方が良いと思います。

さて投資には、まだ別の意味があります。まあそもそも英語という言語は、意外と多義語が多いのですが。
それは予想だそうです。それもただの予想ではなくて、理由のない予想だそうです。
この予想という言葉を聞くと、さすがにちょっと違和感を覚えるのではないでしょうか。
確かに我々がFX取引をする時には、ある程度は予想するものです。現在の米ドルが1ドル100円だとしたら、そこから上がっていくかな下がって行くかななどの予想は一応します。

予想はしますが、果たしてそこに「理由がない」と言われるとどうでしょうか。われわれが米ドルを買うという行動は、どう考えても理由に基づいてるものです。
まあ中には、理由も無しに米ドルを買っている方もいらっしゃいますが。たいていは理由があります。(詳しく知りたい方はこちらのFX 口座開設 エンジョイFXというサイトをご覧になるといいでしょう。)

という事は英語圏の人々は、投資という言葉に対して理由がないと思ってる方が多いのでしょうか。まあ理由がないと言ってしまうのは、ちょっと言い過ぎかと思います。

もしかすると海外でも、「全く何の理由もない予想」だけで投資をする人々は意外と多いのかもしれません。もちろん全ての人が理由もなく売買をするという事は、考えられません。海外には非常に手強いトレーダーがいますので、やはり理由に基づいて売買をしている方々は多いとも思います。
まあ中にはそういう理由のない売買をしてしまう方も、海外にいらっしゃるのかもしれません。

確実に言える事は、FXはやはり理由を持つべきだともいます。何の理由もたずに売買をするのはやはり一番危険だともいます。
まあ中には感性だけで取引をして、大きな利益を得ているすごい方もいらっしゃるそうですが。そういう方はごく稀です。基本はやはり理由を持っての売買をする事だと考えます。

FX 外国為替証拠金取引 | 第一商品株式会社
第一商品株式会社

アーカイブ

FX情報

FXプライム|まじめにFX。
FXプライム|まじめにFX。

大和証券/ダイワFX(店頭FX)
大和証券/ダイワFX(店頭FX)

FX(店頭外国為替証拠金取引)|ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行

Copyright© 2013 ESデザインではFXに関する情報を配信中 All Rights Reserved.